世界を驚かせた奇怪、猟奇的な殺人事件の数々、そしてその犯人。科学では解決できないミステリー現象。それらを紹介していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52人もの命を奪った恐怖の「ロストフの切り裂き魔」

本名アンドレイ・ロマノヴィチ・チカティロ 通称アンドレイ・チカティロ

「私は生まれてくるべきではなかった。死刑になって当然だ」(アンドレイ・チカティロ)

かつてロシアがまだ共産国であるソビエト連邦だったころ
「連続殺人などというものは国民の貧富の差が激しい資本主義国特有の現象であり、国民が平等な幸福、生活を享受出来る我が国とは無縁の物である」
と宣伝していた。
しかし、それは完全に誤った認識だった。ロシアにも犯罪史上に残る恐るべき連続殺人鬼が跳梁跋扈していた。
ロストフの切り裂き魔チカティロ
ロストフの切り裂き魔と名付けられたこの男は52人もの少年少女を殺害し、しかもその肉を食していた最悪の殺人鬼だった。

過去:失意の日々
アンドレイ・ロマノヴィチ・チカティロはスターリン政権のまっただ中の1936年10月16日、ウクライナのヤボロチノエという農村に生まれた。
それはウクライナ大飢饉の直後のことだった。
スターリンは農民たちの抵抗を抑えて農地の共有化を実現するために、穀物を押収し、人為的に飢餓を作り出したのだ。
農民たちは食料をめぐって殺し合い、そして飢えを凌ぐために人肉を食べた。アンドレイの兄も餓死して「食料」になったという。
アンドレイはこの話を4歳の時に聞かされた。その衝撃は彼の生涯に少なからず影響を与えた。

1941年、ドイツ軍の侵攻によりアンドレイはたくさんの「死」を目撃する事になる。
手足を吹き飛ばされた屍体を目の前にして、彼は初めて性的な興奮を覚えたという。
その時に芽生えたサディズムは『若き赤軍兵士』という小説によりさらに助長された。
アンドレイは小説内のドイツ軍兵士を拷問する赤軍兵士と己れを重ね合わせ、嗜虐な空想に耽った。
しかし、アンドレイは現実には極めて内向的な少年だった。極度の近視にも拘らず、馬鹿にされるのを嫌い、眼鏡をかけないでいた。
そのために間抜けな失敗を数々やらかして、余計に馬鹿にされ、虐められた。
異性に対しても奥手で、まともに話すことさえ出来なかった。そうしたハンディキャップを乗り越えるために勉学に勤しんだが、モスクワ大学の受験には失敗した。
3年の兵役を経て帰郷したアンドレイは、その後の生涯を決定づける出来事に遭遇することになる。
どうにかデートに誘って恋愛関係に持ち込んだ女性に「あいつはインポテンツなのよ」と土地の女たちに云い触らされてしまったのだ。彼は逮捕後に苦々しく述懐している。

「恥ずかしくて町も歩けなかった。はらわたが煮えくり返る思いだった。
あの女を出来るだけ残虐な方法で拷問し、殺して八つ裂きにすることをあれこれと想像した」


この時、彼の内なるサディズムとセックスが明確に融合したのである。
24歳になったアンドレイは、忌わしい思い出しかないウクライナを棄ててロシアに移り、ロストフで電話修理工の職に就いた。
しかし、新天地でも相変わらず惨めだった。頭の中はセックスのことでいっぱいだったが、恋人は疎か友だちさえも作ることが出来なかった。
そして勤務中に自慰をしているところを同僚に見つかり、職場で笑い者になった。
見るに見かねた妹の紹介で、3歳年下のフェオドーシャと結婚した。しかし、初夜は大失敗。
のちに何とか2人の子供をもうけたがアンドレイ曰く、「妻とのセックスは子供を作るためのものであり、楽しんだわけではない」
彼が妄想したセックスとは、女を制圧し虐待することだった。しかし、それは妻にはできない。欲求不満は次第に募っていった。
若き日のチカティロ
1971年、アンドレイが通信教育を通じて教師の資格を得た時は、妻は鼻高々だった。共産圏では教職の社会的地位は高いのである。
しかし、この「職業選択」は結果として大失敗だった。
このブログを見ている方々にも記憶があるかも知れないが、子供というのは「情けない教師」はすぐに分かるものである。
そう、アンドレイは「子供になめられる教師」の典型だったのだ。初日から生徒に野次られ馬鹿にされた。同僚の教師からも疎んじられた。
それでも彼が教職を辞めなかったのは、可愛い生徒たちがいるからだ。女子寮に忍び込むと、覗き見しながら自慰に耽った。
そして1973年5月、遂に居残りを命じた14歳の女子生徒に襲い掛かったのである。
しかし、世間体を気にした学校側が事件を揉み消してしまったおかげで転任されるに留まったアンドレイは、そこでも今度は男子寮に忍び込んだ。
またも生徒たちに見つかって、冷やかされ「ホモ教師」などと馬鹿にされるのであった。

殺人:赤き切り裂き魔の誕生 
この頃のチカティロは、既に空想だけでは満足できなくなっていた。町の外れにあばら屋を買い、そこに売春婦や浮浪者を誘い込んでは、いろいろと頑張っていた。
しかし、インポテンツは相変わらずで、生徒を襲った時のあの興奮を懐かしく思った。
1978年12月22日、仕事を終えたチカティロは帰り道でレナ・ザコトノーバ(9歳)に声をかけた。そして例のあばら屋に誘い込んだ。
ナイフでメッタ刺しにし、血まみれで泣き叫ぶレナを見てチカティロは興奮し、何度もレナにナイフを突き立てた……。
レナの死体は2日後に近くの川で発見された。これが彼の最初の犯行である。ところが、警察が逮捕したのはアレクサンドル・クラフチェンコという前科者だった。
自白を強要された彼は有罪となり、1984年に処刑された。
遂に殺人を犯してしまったことへの後悔と警戒心から、チカティロはしばらくは静かにしていた。
しかし教職をクビになり、已むなく工場の補給担当者の職についてから半年後の1981年9月3日、ラリサ・トカチェンコが2人目の犠牲者となった。
森の中でラリサを絞殺し、屍体を切り裂きながら射精した。そして、我を忘れて屍体の回りを踊り狂い、雄叫びをあげた。

「パルチザンになった気分だった」

かくして、ソビエトが生んだ最悪の連続殺人鬼「ロストフの切り裂き魔」がここに誕生した。
以後、12年に渡り52人以上の女性や子供を手にかけた。犠牲者は刃物でめった刺しにされ、眼球をくり抜かれることも度々あった。
そして内臓や性器を切り取られた。食べるためだった。その場で生のまま口にすることもあれば、持ち帰って調理することもあった。
チカティロの犠牲者
この恐怖のロシア版切り裂きジャックが12年もの間、逮捕されずに野放しにされていたのには様々な理由があった。
まず、冒頭に書いた通りソ連共産党の「連続殺人は資本主義国特有の病理現象であり、我が国では無縁のもの」とする宣伝がその1つとして挙げられる。
連続殺人が理論的にあり得ない社会において、子供たちは大人に対する警戒心をまったく教えられていなかったのだ。
そして警察も、連続殺人犯の犯行とは想定していなかった。同一犯による連続殺人事件であることに気づいたのは、犠牲者が30人を越えてからである。
チカティロの職業も理由の1つである。補給担当者という仕事は物資を探し求めて移動する。チカティロはその先々で犯行を繰り返していたのだ。
当時のソ連警察はいわゆる縦型組織で、全貌を把握することは不可能だった。
また、当時のソ連警察にはコンピューターが導入されていなかった。ファイルはすべて手書きによるカード式で、捜査ミスがあれば容易に隠蔽できた。
警官自体も、犯人よりも自分たちが今日食べるべき食料を探すことに熱心だった。警察がこれでは無差別の広域連続殺人事件など解決できる筈がなかった。
更に、チカティロの特殊な体質も災いした。彼の精液は別の血液型だったのだ。
1984年9月14日、挙動不審のチカティロが連行されたが、血液がA型だったので釈放された。現場に残されていた精液はAB型だったのである。
(筆者注:もっとも、現在では男性の20%、ようは1/5が血液と体液が別の型なのが判明している)

捜査:KGBの介入
1985年、チカティロは出張先のモスクワ市郊外でイリーナ・グリヤエーバという18歳の女性浮浪者を残虐な手口で殺害する。
この事件をきっかけにKGB(カーゲーベー)の国内部門が捜査に乗り出し、国内屈指の犯罪捜査官であるイーサ・コストイェフ大佐が派遣され、
警察とKGBで合同特捜チームが結成される事になった。
多数のバス停と駅で制服姿の警官隊による巡回が実施された。狭くて小さなせわしい駅では、諜報活動員による巡回が行われた。
この巡回の目的は、大きな鉄道駅やバス停へ犯人を行き来させないためであった。
これにより、チカティロは警察がいないことが明らかな小さな駅で犠牲者を探すことを余儀なくされた。
警察は若い女性捜査員に売春婦かホームレスのような格好をさせ数多く参加させた。
彼女らは死体発見現場に沿って広範囲を旅するのと同様に、駅周辺を目的もなく歩き回り続けた。
チカティロの毒牙にかかった数多くの犠牲者が、警察による大規模な作戦につながったのである。
主にロストフ地域周辺のほかの公的な場所と同様に、鉄道駅やバス停において陸軍まで加わり、数多くの大規模なパトロール隊が動員された。
なおチカティロは1986年・1987年の約2年間、一切犯行を行なっていない。
このころにはペレストロイカの一環としてゴルバチョフが推進していたグラスノスチによる情報公開により、それまで秘匿されていた連続殺人事件の全容が一般に公表され、
警察の捜査もそれまでの方針を改め、民間からの情報提供を広く募ることとなった。
チカティロはずうずうしくもこの間に殺人犯の捜索にボランティアで協力している。
1988年に入り、チカティロは殺人を再開する。主にロストフから遠く離れた地域で活動した。1990年の1月から11月のあいだに少年7人と女性2人を殺害している。
1990年11月6日、スヴェータ・コロスティックという22歳の女性を殺害し、体をズタズタに切り裂き、切断した。ズヴェータはチカティロ最後の犠牲者となった。
殺害後、顔に返り血を付着させたまま現場付近を歩いていたチカティロがパトロール巡回中の警察官の目にとまる。
警察がチカティロの勤務記録を調べた結果、犯行日時と出張記録が完全に一致した。チカティロはただちに特捜チームの監視下に置かれる事になった。
事件のあとでさえ警察にはチカティロを逮捕・起訴するだけの十分な証拠がなかったが、チカティロチは24時間体制で諜報員から行動をチェックされ、
ビデオテープに撮られるなどして、常時マークされていた。
逮捕され写真にとられるチカティロ

逮捕:情報公開政策の成果
チカティロが遂にお縄になったのは1990年11月20日のことである。
証拠が乏しいためチカティロを泳がせて殺害寸前に現行犯逮捕するつもりだった特捜チームだが、タイミングを間違えればまたも犠牲者が出る恐れがある。
そう判断した特捜チームは同日午後3時44分、職場から帰宅しカフェに立ち寄ったところを逮捕した。
それはゴルバチョフ政権下におけるグラスノスチ(情報公開)政策と、警察機構の立て直しの賜物であった。
「連続殺人犯がいる」という情報が行き渡り、警察がちゃんと機能していれば、遥か以前に逮捕できたのである。
事実、チカティロはこれまで何度も職務質問を受けていた。そして最終的な逮捕も、上記の殺害現場付近での職務質問がきっかけであった。
我が国でも先のPC遠隔操作事件での自白の強要、ズサンなサイバー犯罪捜査能力、相次ぐの現職警察官のワイセツ行為により警察に対する批判が高まっているが、
それでも我が国の警察は「他国に比べたらまだまだマシ」だと思う。
警察がまったく機能していない社会が如何に恐ろしいか。チカティロの事件はそれを雄弁に物語っていると思う。(ここは殺人博物館の館長岸田氏と同意見である)
連行されるチカティロ
証拠不十分だった警察は、自分は病気持ちで医者の治療を必要とすると主張するチカティロに対し、「我々はキミの味方である」と思わせる作戦に出た。
この作戦はまんまと的中し「素直に自白した方が精神異常という理由で起訴されずに済む」という希望をチカティロに抱かせた。
チカティロの尋問には、最終的に精神科医の手助けが依頼された。
チカティロは警察がまだ発見できない死体の埋葬場所を明らかにして、自分から証拠を提供した。これにより当局は、チカティロを起訴するのに十分な証拠を得た。
11月30日から12月5日までの間にチカティロは56件の殺人を自白した。
チカティロの自白は特捜チームの予想を12件も上回っており、捜査員たちに強い衝撃を与えた。
上記の通り犠牲者のほとんどがチカティロと接点がなく、しかも彼は犠牲者を居住の土地から遠く離れた場所で殺害したため、チカティロが警察を先導するまで、
埋められた犠牲者は発見されなかった。
56人の犠牲者のうち3人が埋められた場所は沼を干上がらせたりしたがついに遺体が発見出来ず、警察はこの3件については起訴は断念することにした。
さらに、53件のうちの最初の犠牲者レナ・ザコトノーバの件で処刑されたクラフチェンコは完全な免罪という事になり、捜査陣は青ざめた。
批判を避けたい捜査陣はレナの件を起訴から外し、チカティロは合計52件の殺人、遺体損壊などで起訴されることとなった。

裁判:見世物的な裁判
1992年4月14日、レオニード・アクブジャノフ判事を裁判長として、ロストフ地方裁判所にて半年におよぶ裁判が始まった。
この裁判はソ連崩壊後のロシアのトップニュースとして国内外で大きな関心を集め、海外からも多くの報道陣が取材のため連日法廷へ詰め掛けた。
出廷したチカティロはシラミ除けのために頭を完全に剃り上げ、モスクワオリンピックのロゴ入り開襟シャツを着て法廷に現れた。
裁判では、法廷の中央で鉄の檻が設置され、チカティロはその中に入れられた。これは被害者の家族からチカティロを守るためである。
裁判中のチカティロ

法廷でのチカティロは、精神異常をアピールするため、殊更奇天烈な行動を繰り返した。ポルノ雑誌を持ち込んで、これ見よがしにはためかせた。
傍聴席に座っていた被害者の家族からは「ケダモノ!」「キチ○イ!」「人殺し!」という怒声が飛んだが、チカティロは声のした方へ笑いながら手を振った。
時には「テメエの息子? とっくに食っちまったよ!」などと遺族を挑発することさえあった。
ズボンを下ろして自分の性器を露出し、自分は同性愛者ではないと叫び、自分が今までに自白した殺人を否定するかと思えば、逆に犠牲者の数が少ないと言い出したり、
挙句の果てに「俺は実は女で妊娠している」「俺の脳はチェルノブイリの放射能に汚染されているんだ」などと支離滅裂なことを口走り、
激怒したアクブジャノフ裁判長に何度も退廷を命じられた。

1992年10月14日、チカティロは52件の殺人罪で有罪判決を受け、死刑を宣告された。
アクブジャノフ裁判長は「被告が犯した途方もない犯罪を考慮すると、被告は死刑という刑罰を受けるに値する」と判決理由を説明した。
判決を受けたチカティロは「イカサマだ! お前の嘘なんか聞かねぇぞ!」と裁判長を罵倒したという。
一方で判決を聞いた聴衆や犠牲者の遺族は拍手喝采を送った。
チカティロは判決を不服として上告するも、当時の大統領ボリス・エリツィンはチカティロの「寛大な措置の請願」を土壇場で拒絶した。

1994年2月14日、ロストフの刑務所内にある防音措置を施された部屋に連れて行かれたロストフの切り裂き魔は右耳上を拳銃で撃たれて処刑された。57歳だった。
死刑以降、ロシアのメディアにチカティロの名前が出ることは一切ないという。国民の誰もが事件を忘れたがっているのだろうか。

参考文献
週刊マーダーケース・ブックNo.5 史上最悪52人 ロシア連続殺人 (デアコスティーニ)
子供たちは森に消えた (ハヤカワ文庫KK)
続・連続殺人者 (タイムライフ)
参考サイト
+ M O N S T E R S +
殺人博物館

スポンサーサイト

テーマ:衝撃 - ジャンル:サブカル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。