世界を驚かせた奇怪、猟奇的な殺人事件の数々、そしてその犯人。科学では解決できないミステリー現象。それらを紹介していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロシーおばあちゃんの自慢のガーデン

本名ドロシア・モンタルボ・プエンテ 通称ドロシア・プエンテ

「川のそばに1人 ベッドの上に1人 庭に7人 頭の無いのが1人 みんな死んだ」
(プエンテの裁判で陪審員長を務めたマイケル・エスプリンが事件について述べた詩)

心優しき老婦人。貧しき者達のマザー・テレサ。近所で彼女の悪口を言うものなど1人もいなかった。
浮浪者、精神障害、病気、身寄りのない老人。下宿人たちはいつでも、女将(おかみ)のドロシーおばあちゃんを頼りにしていた。
彼女もまた「サクラメントのマザー・テレサ」としての自分の評判、立場を楽しんでいた。
恐るべき老婦人、ドロシア・プエンテ
しかし1人の下宿人の失踪から、ボランティア団体の職員であるジュディは疑惑の目をこの老いた大家に向けるようになる。
そしてドロシーおばあちゃんの自慢の庭から警察が次々に掘り出したもの。
それは───腐敗しきった死体の数々だった。

発端:面倒見のいい下宿屋の女将さん
コスタリカ人の路上生活者、アルバーロ・ホセ・ラファエル・ゴンザレス・モントーヤ、通称バート・モントーヤは変わり者でエキセントリックな性格だった。
時々霊が語りかけてきてるなどと突拍子のない事を言い出し、知能指数も平均以下なのは明らかで、母国語がスペイン語のため口数も少なかった。
それでも彼は「他人を陥れるウソ」をつくような男ではなく、ユーモラスでどこか憎めないタイプだったためVOA(ボランティア・オブ・アメリカ)の職員たちにも好かれていたし、
担当ソーシャル・ワーカーであるジュディ・モーイズも、彼の力になりたいと思い下宿を見つけ出した。
プエンテの被害者、バート・モントーヤ
やがてバートはこの地区では有名な、ドロシア・プエンテという女性が経営している下宿に入居する事になった。
F通り1426番地の、青と白のヴィクトリア朝様式の清潔そうな大きな家には部屋がいくつもあり、プエンテは一部屋月350ドルで貸し出していた。

「新しい入れ歯が出来てなくてすみませんね」プエンテはバツ悪そうに説明したが、歯が無くてしゃべる事には不自由しているようには見えなかった。
「今年で70になりますのよ」ジュディには、歯がないために実際にプエンテが70歳くらいに見えた。

「下宿屋をやって長いんですよ。F通り2100番地ではもっと大きな下宿を経営していましたし。でもお金のためにやってる訳ではありませんの。
今まで恵まれた暮らしをしてきたので、何か恩返しが出来ればと思ってやっているんです」


ジュディはこの銀髪の女将の話を、真に受けた訳ではなかった。
一見善人を気取っているが、人はボランティア精神で下宿なんて経営しない。言葉の節々から無駄なくらい高いプライドが見え隠れしている。
とはいえ、バートにとってここは待ちに待った居住で、彼女は家主、女将さんなのだ。ジュディは嫌味の一つも言いたい気持ちをグッと堪えて相槌を打った。
1988年2月。バートはプエンテの下宿に入居した。

少し経って、ジュディは2人の先輩ソーシャル・ワーカーから嫌な忠告を耳にする。
あのドロシア・プエンテが、ドロシア・ヨハンソンという極悪女ではないか、というのだ。
そのドロシア・ヨハンソンは当時詐欺で有罪になっており、殺人の嫌疑も掛けられていた。生きていれば50代後半の筈だ、と。
ジュディは「あぁ、それじゃあ違うわ。ミセス・プエンテは70だそうだから」とその場を愛想良くいなしたが、彼女の心に疑惑の種は蒔かれたのだ。
後日ジュディはプエンテに「ドロシア・プエンテって結婚後の名前ですよね?その前は何という姓だったんです?」と尋ね、
「ドロシア・ヨハンソンよ?」と答えたプエンテに、ジュディは目の前が真っ暗になる感覚を憶えた、という。
プエンテが運営していた下宿
バートはプエンテを「ママ」と呼んで大層慕っていた。
自称メキシコ人(もちろんウソである)で、スペイン語がペラペラなプエンテも、どこに出かけるにもバートを連れて行った。
しかし6月30日、バートはVOAの施設に戻ってきた。仲の良かった職員ビル・ジョンソンがその訳を聞くと、ドロシアの所にはいたくない、という。
「もうドロシアの『薬』は飲みたくない」というのだ。
プエンテが「出て行きたいなら出て行けばいい」と癇癪を起こし、結局バートは引き続きドロシアの下宿に滞在することになったが、
のちにビルは「バートの意思を尊重すべきだった」と激しく後悔する事になる。

10月初め、ジュディは「バードはメキシコに出かけた」とドロシアから聞かされた。
確かにプエンテは以前「近々親戚に会いにメキシコに旅行にいく。バートも連れて行くつもり」と言っていた。旅行には実際に行き、プエンテだけが戻ってきたという。
「今向こうにいる私の親戚の世話になっているそうですが、向こうの田舎暮らしが大層気に入ったそうです。タバコもやめたそうですよ」
「はぁ?」ジュディはさらにこの老いた女将に疑惑を感じた。バートはジュディに「田舎より都会の方がいい」といつも言っていたのだ。
その後もプエンテは「連絡があった、その内帰ってきますよ」を繰り返すばかりだった。
その親戚とやらと連絡を取れるのはプエンテだけだし、私も心配していると涙ぐみ、バートのためにクリスマスプレゼントまで買ってある、
とまでいうプエンテをジュディは信じるしかなかった。
11月7日、ミゲルと名乗るバートの義理の弟から電話がかかってきた。「義兄と一緒にユタ州にいる」という。バートに義理の弟なんて聞いた事がない。
しかもこの義理の弟とやらは最初はミシェルと名乗り「随分フランス風のお名前なんですね」とジュディが突っ込みを入れたところ、
慌ててミゲル、と名乗り直しているのだ。

「絶対におかしい。これは旅行などではない。失踪だ。バートは帰らない、のではなく明らかに『帰れない』のだ。
あのドロシア・プエンテは『重大な何か』を隠している」


ジュディがプエンテに出会った時から感じていた「引っ掛かるもの」が一気に大きくなったのを感じた。
さらに「ミゲル」から「今度クリスマスに義兄とコスタリカに行く事になりました。義兄がそちらに戻る事はないと思います」という内容の手紙が届き、
ジュディの怒りは決定的になった。
(筆者注:この手紙でジュディは完全に疑惑を深めた訳だし、裁判で偽装工作の重要な証拠として提出されたのだから、ヤブ蛇とはまさにこの事である)

発覚:悪夢のF通り1426番地
ジュディはプエンテの下宿にいき、警察に捜索願いを出す旨を告げた。
プエンテは平静を装いながら「そんな事をしなくても私が心当たりを当たってみる」と暗にジュディに通報を止めるように伝えたが、彼女の決意は固かった。
これまで何度も路上生活者の失踪捜索などから警察の捜索願受付番号を完全に暗記していたジュディは、即座に警察に通報。
サクラメント市警のジョン・キャブレラ刑事が捜査に着手する事になった。
プエンテの経歴を調べ、彼女が詐欺罪でこれまで何度もシャバと刑務所を行き来しており、そして現在も仮釈放中の身である事を知ったキャブレラ刑事は、
同僚のテリー・ブラウン刑事、連邦仮釈放許可会委員のジュームス・ウィルソンを連れて、11日の午前プエンテの下宿を訪ねた。

「お邪魔してすみません、ミセス・プエンテ。失踪したミスター・バート・モントーヤの事で2、3ほど伺いたい事がありまして」

愛想よく3人を出迎えたプエンテは例によって、バートは義弟とユタ州にいった、バートからも電話があったばかりだ、と繰り返した。
ウィルソン委員は話が一段落したところで

「あなたはこの屋敷で下宿を運営している事も、それで収入を得ている事も我々に知れせていませんね?
これは違反行為です。残念ですが、あなたの仮釈放の権利は取り消されます」


と告げた。プエンテも、それは仕方ない、と理解を示した。

「ミセス・プエンテ、一応この建物の内部も調べさせてもらいたいのですが。
尚、我々は現時点で捜査令状を持っていないので、当然あなたには拒否する権利もあります」


多分断られるだろうと思っていたが、プエンテは「ええ、全然構いませんよ」とあっさりと許可した。
2階を調べたキャブレラ刑事は、空になった薬ビンを見つけた。処方箋にはドロシー・ミラーと書いてあった。
「こちらのドロシー・ミラーという方はどなたですか?」「親戚ですよ。数日前まで家にいましたの」キャブレラ刑事は、薬ビンを証拠として押収した。
もはや、家の内部で調べていないのは庭だけである。
すでにキャブレラ刑事たちは、下宿人のジョン・シャープからベンことベンジャミン・フィンクという下宿人も突然失踪していること、
プエンテがボランティアで派遣される刑務所の受刑者に庭に良く穴を掘らせていたこと、その翌日に凄い悪臭が1階全体に拡がった事がある、という証言を得ていた。
悪臭についてジョンは「あれは死体の臭いだ、自分は死体置き場で働いた経験があるから分かる」と断言している。
さらに前年にモリス・ソロモンという連続殺人犯が、町のあちこちに女性の死体を埋めているというサクラメント始まって以来の事件をおこしている事もあり、
キャブレラ刑事はスコップ2丁、長靴、作業服は用意してきていた。
「ミセス・プエンテ、大変恐縮なのですが、庭をスコップで掘っても構いませんか?」
もちろん、これも令状はないのであなたには拒否する権利がある、とキャブレラ刑事は付け加えたが、プエンテはこれまたあっさり許可した。
作業服に着替えた3人は汗まみれになりながら交代で花畑や菜園に穴を3つ掘ったが何も出て来なかった。
4つ目の穴を掘る段階で疲れきったウィルソン委員は「今日はこれぐらいにしませんか?」とキャブレラ刑事に持ちかけたかった。
しかしキャブレラ刑事はそんな許可会委員を尻目に4つ目の穴を50cmほど掘り始めると、白い塊が出てきた。
スコップで砕いたそれを指にとり臭いをかいでみた。石灰である。
石灰に死体の腐敗、分解を早める効果があるのはウィルソン委員も知っている。彼は俄然やる気を取り戻し、一心不乱に掘り続けた。
やがてスコップの先端が布に包まれた何かに当たった。3人は交代で、丁寧に周りを掘り下げていった。先端からは木の根のような棒が出ている。
全員顔を見合わせた。キャブレラ刑事が穴に下りて、根のような棒をグイッと引っ張った。
キャブレラ刑事が手に持っていたのは人間の足の骨だった。
次々に運び出される遺体
キャブレラ刑事から人骨が出たと聞かされたプエンテは「私の庭から人骨が!? まぁ、何ということでしょう!?」と白々しい演技をした。

過去:嘘と見栄と犯罪にまみれた人生
ドロシア・モンタルボ・プエンテ、旧名ドロシア・ヘレン・グレイは1929年1月9日カリフォルニア州のサンベルナンディノ郡レッドランズで、
ジェシー・ジェイムス・グレイトルーディ・メイ・イェーツの娘として生まれた。
両親は綿摘み職人だったが、父ジェシーはマスタード・ガスの後遺症で、その後寝たきりとなってしまう。母トルーディは酒に溺れ、家事をほとんどしなかった。
ドロシアは兄と一緒に弟、妹の面倒を懸命に見る。
しかし父はドロシアが8歳の時に結核でこの世を去り、翌年には母もオートバイ事故で亡き人となる。
当然グレイ家は一家離散、兄弟と散り散りとなる。施設に預けられたあと、ドロシアは親戚に引き取られる事になった。
ドロシアは注目されるため、関心をひくため、学校でもどこでもウソをつき、ホラを吹き続けた。
女が(いや、男も)見栄のためにホラを吹くのは決して珍しい事ではないが、あまりに酷い内容に当時の学校の担任は
「娘さんに精神カウンセリングを受けさせるように」と養父母にアドバイスを送っているほどだ。
16の時に彼女はシェリという偽名でアイスクリーム・ミルクセーキパーラーで働いているところから、学校は辞めているようである。

ドロシアは友人と下宿をルームシェアし、売春で生活立てていたが、17歳の時にベトナム帰還兵のフレッド・マクフォールと結婚。
二児にも恵まれたが、フレッドはドロシアの虚言癖に耐えられなくなり1948年に離婚。ドロシアは未練があったのか、しばらくは夫の姓であるマクフォールを名乗っている。
もっともカリフォルニアに戻った彼女は、夫は心臓発作で死んだ、とウソをついているが。
この後は男をとっかえひっかえ貢くんにしているが、どれも彼女のブランド品嗜好を満足させる収入はなかったようだ。
テナントから盗んだ小切手で偽造を始めた。すぐに逮捕されて懲役1年の実刑を喰らう。

23歳の時にアクセル・ヨハンセンと再婚する。以後14年間嵐のような結婚生活が続くが、その間にドロシアは売春をしたり、浮気をしたりとやりたい放題だった。
何度も別れてはまたヨリを戻したりしていたが、37歳の時に離婚。
2年後、サマリタンという看護施設の経営を始め、ロベルト・ホセ・プエンテと再婚する。ドロシアの犯罪人生はこの頃から本格的になっていく。
彼女は自分は昔は医師をしていた、看護婦の経験があると周囲に言いふらした。
この結婚は1年ほどで終わり、離婚後ドロシアは今度は老人ホームも経営する。彼女自身も看護助手として老人たちの世話をし、この事業はこの後拡大をする。
1976年、第2の施設の運営を開始、その時に入所者のペドロ・アンゲル・モンタルボ(51歳)と結婚。
この結婚もまた3年もたずに終わってしまい、ドロシアは小切手を偽造してまたも逮捕され、5年間の執行猶予判決を受けた。
40代までは結構太っていたようだ

リンク先である殺人博物館の館長岸田氏、そして当ブログのような、この手のサイト及びブログを運営している管理人各氏もコメントしているように、
ドロシアは人生において真実を語っている方が少なかったようである。 
カメレオンのようにいくつもの名前と経歴を使い分け、お金を手にするやブランド品で身を固め、優雅に振舞い、そして慈悲深い女性を演じていた。
タクシーに乗れば運転手に気前よくチップをはずみ、バーに飲みに行けば見知らぬ人にも平気で奢った。
逮捕後の精神鑑定でもドロシアはソシオパス(社会病質者)と診断されているが、少女時代の惨めな思いや屈辱がトラウマになっているのか、
「他人に立派な人と思れたい、見下されたくない」という気持ちが人一倍強いように思う。
無論ドロシアは快楽殺人犯ではないが、ジョン・ゲイシーと非常に共通するものを感じる。

捜査:犠牲になったシャドー・ピープル
ブラウン刑事は急いで車に戻った。
そして無線で本署に「F通り1426番地の下宿の庭から人間の遺体と思われるものを発見しました。大至急応援をお願いします」と要請した。
正式な捜査令状をもった数人の刑事、法的病理学者、鑑識課の職員、さらに大きく穴を掘るために市の作業員とショベル重機も到着した。
重機での本格的な作業が始まると、キャブレラ、ブラウン両刑事、ウィルソン許可会委員はタオルで汗をぬぐいながら3人で話し合った。

「あの骨が履いていたスニーカー、少々小さくありませんか?」
「確かに。話に聞いたモントーヤの身長からすると、靴のサイズももう少し大きいと思うが…」
「何より死んだとしてもまだ1ヶ月そこらだろう。あんな早く白骨化はしない」


3人の予想通りだった。胎児のようなポーズをとらされ、ビニール、シーツ、カーペットに包まれた遺体が次々に発見された。計7体。
その内の1体は胴体だけで首、手足が切り落とされており、鑑識官は青ざめた。
この胴体だけの死体は1986年8月19日を最後に行方不明となっていた、ベティ・パーマー(77歳)のものと判明した。
べティ失踪の2ヶ月後にプエンテは彼女の年金需給用IDカードを州から受け取っている。名前はベティ・パーマーだが写真は自分にして。
そう、プエンテは自分に口答えをするような「従順ではない入居者」にダルメーン、コデイン、バリウムの三種の薬を飲ませて意識不明にして殺害し、
年金や生活保護費をかすめ盗っていたのだ。
犠牲者はいずれも浮浪者、身よりもない老人、病人。いわゆるシャドー・ピープルと呼ばれる人たちだった。
(筆者注:余談だが、発掘作業の最中に警察は自分を法的に逮捕してはいないと知ったプエンテは、外出するフリをしてまんまと逃亡している。
もっとも逃げ延びた先の酒場で知り合った男性に通報され、すぐにカリフォルニアに連れ戻される事になるが)

逃亡先で御用となり連れ戻されるプエンテ
1982年4月、プエンテの食堂の共同経営者で、2階建てのアパートで彼女と一緒に暮らしていたルース・モンロー(61歳)が薬剤過剰摂取で死亡している。
当時のプエンテは「彼女の夫が末期患者だったので、それを悲観しての自殺ではないか」と証言していた。
しかし警察はルースが「食堂の共同経営はエキサイティングでとてもやる気に満ちている」と夫に手紙を書いていたこと、
行き着けの美容室で「私死ぬかも…」と漏らしていたこと、ルースの子供たちが見舞いにいった際に元看護婦を自称するプエンテが、
「お酒なんて飲まない母に『体にいいから』とお酒を飲ませていた」という目撃情報を掴んでいた。
さらに子供たちからの「母の貯金が空っぽになっている、かなりの宝石類が無くなっている」という訴えもあり、警察も殺人ではないかと睨んでいたが、
当時は証拠不十分で殺人での起訴に踏み切れなかった。
しかし子供たちの再度の訴えもあり、警察は8件目の殺人として今回、正式にカウントした。

ルース死亡の1ヶ月後、4人の入居者に例の睡眠薬、麻酔薬を飲ませて現金や指輪を盗んだとして逮捕、懲役5年を宣告されることになる。
模範囚人として過ごしていたおかげで1985年に仮出所したプエンテは、オレゴン州に住む77歳のエヴァーソン・ギルマウスと交際を始めた。
エヴァーソンは女性囚人に手紙を書くことを趣味としており、それで2人は知り合ったのだ。
彼は妹のリーバ・二クラウスに「凄くいい人と文通している」と話したが、リーバは「兄さん、いい人が刑務所に入ると思う?」と注意を与えている。
(リーバの注意はまったくその通りだと思う)
2人の仲は急速に進展し、11月にはエヴァーソンはリーバに「結婚するかも」と手紙を書いている。
銀行に共有の口座も開設し、後は式の日取りを決めるのみだった。
翌1986年元旦、猟師が川のコーナーバンクに約3フィートの木箱を発見。中には腐敗の進んだ老男性の死体が入っていた。
もっともこの腐乱死体がエヴァーソンと判明したのはプエンテの逮捕後である。
事件の報道を見たオレゴン州サッター郡警察は、木箱に入っていた腐乱死体がプエンテの庭から掘り出された遺体と同様のポーズで布に包まれ、
しかも布の結び目までまんま一緒だった事からすぐに調査を開始、エヴァーソンと判明したのだ。
プエンテは妹のリーバにはエヴァーソンのフリをして「ドロシーとはとても上手くいっている」「いつもお前のこと思っている」と手紙を書いている。
彼女が欲しかったのはエヴァーソンの貯金と年金だった。だから、生きている事にしておかないと不味かったのである。
プエンテは共有口座に振り込まれる彼の年金をモノにし続けていた。
ティム・フローリー検事はエヴァーソン殺害の件も追加し、プエンテは合計9件の殺人で起訴される事になった。

プエンテの下宿の近所の多くのメキシコ系アメリカ人は朝のニュースを見て、ラ・ドクトーラ(スペイン語で医者の意味)と呼んで親しんでいたあのドロシーばあちゃんが、
恐るべき連続殺人鬼でしかも70近いと教えられていた年齢が実は59歳と分かり、コーヒーを噴き出しそうになったのは言うまでもない。

9人の犠牲者の中にバートがいたと知ったジュディは涙を流した。プエンテの下宿にバートを紹介した自分を激しく責めた。「何の罪もない、バートをどうして………」
しかしこれは、警察にも疑問だった。バートは障害者の社会保護費を受給している。死んだり連絡が途絶えれば、当然それはストップされてしまう。
事実、プエンテはバートの受け取り代理人として彼の社会保護費を横取りしていた。しかも知能指数が平均以下のバートは、横取りされている自覚がまったく無かった。
殺してプラスになるメリットがほとんどないのだ。
にも関わらず、プエンテがバートの命を奪った理由とは一体何なのか。ここでジュディの頭には、恐ろしい想像が浮かび上がった。

「バートは殺人の現場を見た、もしくは死体を埋める手伝いをしたので、口封じに殺されたのでは…?
ゴミを埋めるからといって、その時に死体の手か足がひょっこり見えたとしたら…?
間違いない、6月にボランティア施設に戻ってきたのは、逃げ出してきたんだわ……」


ジュディの想像はビンゴだったようで、プエンテは留置場に拘留されている間に同部屋の女囚人に
「バートは知恵遅れだから、ゴミを埋めるといったら疑いもなく手伝ってくれたわ」とうっかり漏らしてしまっている。
(この女囚人は裁判で検察側の重要証人として証言した)

裁判:無表情な殺人鬼
逮捕から4年以上を経て1993年、マイケル・J・ヴァーガ判事を裁判長としてようやくドロシア・プエンテの裁判は開始された。
この裁判で名前を売ろうという野心を秘めていた公選弁護人のケヴィン・クライモは張り切っていた。
同じく弁護を担当する事になったピーター・ヴローティンと連日綿密な打ち合わせをした。
連続殺人鬼モリス・ソロモンの裁判ではジョン・オマラ検事にしてやられているヴローティン弁護士も、リベンジに全力を注いだ。
反対にオマラ検事にとって、この裁判は非常に難しいものだった。プエンテが殺人を犯した場面を目撃した者や、物的証拠が何もないのだ。
検察も弁護も、今回の裁判の戦略は明白だった。
オマラ検事は路上生活者のような底辺の、一般人の同情を集め辛い人達───被害者であるシャドー・ピープルに、いかに陪審員の同情を向けさせるか。
クライモ、ヴローティン両弁護士はちっこく、か弱そうに見えるおばあちゃん───自分達の依頼者であるドロシア・プエンテに、いかに陪審員の同情を向けさせるか。
両陣営とも、ここに腐心することになった。裁判は初日から長い一日となった。
プエンテは死亡した人達は全て自然死だ、と完全無罪を主張。
両弁護士も「我々の依頼人が死んだ方々の死亡を届けられなかったのは、仮釈放許可委員会に下宿経営の事を知られたくなかったからだ」と盛り立てた。
オマラ検事も130人以上の証人を呼んでこれに対抗した。裁判中プエンテは押し黙り、無表情なままだった。

陪審団の評決は長引いた。
何度も評決不可となり、ヴィーガ判事は「互いの考えを尊重し、もう一度話し合いを持つように」陪審団に指示した。一時は「プエンテ無罪か?」の空気も漂った。
結局プエンテに9件の起訴のうちレオナ・カーペンターへの第二級殺人、ドロシー・ミラーベンジャミン・フィンクに対する第一級殺人罪、
計3件の殺人で有罪を言い渡した。  
傍聴席からざわめき、さらには「んな馬鹿な!?」という驚きの声が上がった。
「バートの件が一番計画的犯行だろ」「べティ殺しを無罪って言った奴イカレてるでしょ!?」傍聴席からの怒声に対し、ヴィーガ判事は静粛にするよう一喝した。
陪審団の決定を尊重し敬意を払うように、そして今後大声を上げて審理をストップさせた者は退廷してもらう、と警告を発した。
評決に関して陪審員長を務めた郵便局員のマイケル・エスプリン「本当に苦い決断だった。9人が『殺害された』事は明白だった」とのちに振り返っている。

「でも12人の陪審員の内1人だけ
『証拠不十分』『医薬品が毒になるとは思えない』と弁護側の主張を支持して譲らない方がいてね……。
判事の再度の話し合いの指示で、7度目でようやく3件についてのみ賛成してくれたんだ…」


オマラ検事にとっても、ヴローティン、クライモ両弁護士にとっても、これは勝利であり、敗北だった。
例えるなら「最低でも80点以上狙っていたテストで31点しか取れず、かろうじて赤点(30点以下)だけは免れた」ようなものだった。
物的証拠も目撃証言も何もなく、全てが状況証拠でしかない。準備期間も足りないそんな状態で3件でも有罪に出来たのは、検察サイドとしては上出来かも知れない。
しかしオマラ検事は心の中で「反対した奴は誰だ!? バートの件が無罪だ!? べティはバラバラ死体で発見されたんだぞ!? ふざけんなっ!!」と憤慨していた。
また、事態を楽観視していたヴローティン、クライモ両弁護士もうなだれた。9件の内6件も無罪に持ち込めたのだ。弁護側の観点では大勝利に近い。
だが言い返せば「3件は有罪になった」という事である。しかも陪審員の12人中11人はプエンテにシリアル・キラーの印象を持っている、のが判明したのだ。
自分達の弁護依頼者には極刑が言い渡されるかも知れない。
量刑決定前の最終弁論では両弁護士は証人にプエンテの生き別れの娘などを呼び「彼女は生き延びる価値のある人間である」と繰り返した。

死刑か、仮釈放権無しの終身刑か。またしても陪審員達の評決は割れ、ヴィーガ判事は審理無効を言い渡した。
検察側は量刑再審請求をしない事を決定し、プエンテは自動的に仮釈放権無しの終身刑となった。
彼女はチャウチラにある、女性用刑務所としては米国内最大級である中央カリフォルニア女子施設(CCWF)に収監された。
2006年に撮影されたプエンテ
プエンテは収監後も「あそこで発見された人間は全員自然死である」と無罪を訴え続けてきたが、2011年3月27日、老衰のため自分が自然死。
82歳だった。

参考文献
死体菜園 (翔泳社)
参考サイト
殺人博物館

スポンサーサイト

テーマ:衝撃 - ジャンル:サブカル

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/10/28(金) 09:01:20 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bizarremurdercase.blog.fc2.com/tb.php/11-49ef5782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。